スポンサーサイト

--, --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ガーナ北部の旅

Wed, 14/08/2013

ガーナ北部への旅で訪れたNorthern州とUpperwest州。そのまんまの名前の州です。

どちらもサバンナ気候で地平線までの平坦な緑の大地が見渡せ、とっても気持ちのいい場所。広大な自然と優しい人たち。

アクラに帰ってきて、大都会のごちゃごちゃさと人々のとげとげしさ、あつっくるしさを感じて疲れてしまった私は東京なんか帰れるのだろうか。








 
1268593_10202006672031983_804882244_o_convert_20140408080739.jpg

手前:ガーディアンエッグ(白い茄子)とその葉っぱ
奥:モリンガ






南部よりも、葉物の料理がたくさんあったのが印象的。
北部でよく食べられているTZという白トウモロコシの粉から作るゆるいそばがきのような主食。
アクラではこれの付け合わせはアヨヨと呼ばれるモロヘイヤ(の一種?)スープのみですが、ここ北部ではモリンガ、ブラ(オクラの葉のような感じ)、バオバブの葉、ガーディアンエッグの葉、パンプキンの葉、などなどさまざまな緑のスープがありました。

オクラも含め色んな葉を入れたグリーングリーンスープの作り方を習ってきましたが、これ大のお気に入り。
ガーナでは緑の野菜が不足するなあなんて思っていたけれど、こんなにあるではないか。


  
1272251_10202006727193362_849145220_o_convert_20140408080759.jpg 
TZの作り方を習っているところ。そばがきのようにこね続ける。
バンクーよりゆるいけど、毎日食事の前にやるのは大変な作業。






1274477_10202006746553846_1096582899_o_convert_20140408081158.jpg
 

出来上がったグリーングリーンスープとTZ






それが乾季には全部枯れ果て、収穫もないので収入がないと1日1食の日もざらだとか。魚や肉は特別な時にだけ。


きびきびと家事や農作業、水汲みをする彼らはアクラのマダム達のようには太っていない。

生活が厳しいからなのかもしれないけれど、そこにすがすがしさを感じた。




スポンサーサイト
08:02  |  ガーナ各地  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://sharetrade.blog.fc2.com/tb.php/56-994e48ad

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。