スポンサーサイト

--, --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

Bognayili

Sat, 08/03/2014

前回ガーナに滞在した時に、コロッケを作ってふるまった北部の村、ボナイリに行ってきました。

半年以上ぶりで覚えていてくれるかな?と不安だったけど、深く知り合った人たちは走ってきてハグしてくれて、そうでない人も「ほらあの子、あの時の揚げたお芋の・・・」「あー!みんなで食べたね!」(的な会話を現地の言葉で)と歓迎してくれました。名前まで覚えてくれていてすっごく嬉しかった。

去年の9月に訪れた村はトウモロコシ、お米、唐辛子、オクラ、モロヘイヤなどなどで村も畑も地平線までの緑だったけど、今は乾期のため一面茶色。家と家の間もすかすかしていて、景色が全く変わって見えました。

農作業ができないので、現金収入の手段も少ない。
お母さんたちは日影に集まって小規模ながらシアバターを作っていました。


重い水(しかもミルクティーぐらい濁っている)を暑い中遠くまで汲みに行くとか、現金収入がない時期があるとか、教育とか病院とか、大変なことは挙げればきりがないけど、でも彼らの生活ってずっとこうやって続いてきていて、このままがいい!とは思わないけど、日本の生活がいいとは決して思えない。

農閑期はバケーションなのよと笑い、木陰で昼寝し、すれ違ったら必ず挨拶をする、ご近所におすそ分けをし、満天の星空の下で寝る。賑やかに女子トークをしながら汲んだ水を運ぶ。

シンプルで穏やかな彼らの生活にうらやましさだってたくさんある。



ドライヤーのような熱風が吹き、日影にいてもあっつい。
こんなところでスパイスが育つのかはわからないけど、ここで育ったら絶対いい。

こういう彼らの助けになりたい、と改めて思いました。


スポンサーサイト
06:49  |  ガーナ各地  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://sharetrade.blog.fc2.com/tb.php/80-54c86e8f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。