スポンサーサイト

--, --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

Bognayili:試験栽培①

Mon, 13/10/2014

ガーナ北部のbognayili村は雨季も終わりに近づきつつあり、農作物の収穫に大忙しです。唐辛子やトウモロコシ、落花生などを収穫して各家々で乾燥しています。



雨季には近くの貯水池がいっぱいになるので、この水を使ってparadise seedの栽培ができるかと期待していたのですが、農家さんからは「乾季にはこの貯水池は枯れ果ててしまうよ」との厳しいコメント。bognayili村では乾季の農作業はしたくても難しい様です。



また、生活用水をParadise seedの栽培に使うわけにも行かないので、まずは大きな川に近いBotanga村にて試験栽培をしてもらう事にしました。
Botanga村の農家フセインさんに電話をするといつでもokとの事だったので、早速バイクに苗を積んで泥道を走って向かいました。



Botanga村の近くには大きな感慨設備があり、雨季と乾季の2度稲作が出来るとの事でした。土地も肥沃で、水も充分なこの稲作地近くのマンゴー畑の近くをお借りすることになりました。



フセインさんと合流し、3人乗りで泥道を行きます。農地までは近いよ、と言われていたましたが、案の定バイクで30分以上かかりました。フセインさんは毎日往復4時間かけて農作業に来ているとの事でした。毎度農家さんの忍耐強さには頭が下がります。これから泥まみれの苗植え作業に入ります。(左:フセインさん、右:ザックさん)


スポンサーサイト
07:10  |  GOPプロジェクト  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://sharetrade.blog.fc2.com/tb.php/96-c021a692

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。