スポンサーサイト

--, --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

Bognayili:試験栽培②

Fri, 17/10/2014

マンゴー畑に到着すると、早速辺りの雑草を刈り取り始め、等間隔てParadise seedの根茎を植えていきます。
今回は試験栽培の為、根茎の数は50本と多くはないですが、この根茎が根着けば他の場所での栽培にも挑戦出来ると、農家さん達は喜々として暑い中作業をしてくれました。



Paradise seedは育てた事は無いけれども、農業に関してはやっぱり農家さん達の知恵と経験が生きてきます。
前回odaで根茎を移植した際に、1度葉が枯れてから新しい芽が出てきたという話をすると、「古い葉の部分は切ってしまった方が、早く新しい芽に栄養が行って発芽を促すんだ」と今回は葉の部分をカットして植える事になりました。



Botanga村の土は、Bognayili村の赤土と異なり、粘土質で水分を多く含んでいてフカフカ。
環境が厳しい北部にあって、まるでParadise seedが自生している南部の土質にそっくりでした。




北部の厳しい乾季を乗り越えて、無事芽を出し、花をつけ、実がなる様に、農家のフセインさんが面倒を見てくれる事となりました。
帰り際に、是非Botangaの灌漑システムを見て欲しいというので行ってみると圧巻。広大な湖の様な川の水が、1983年建造の取水口から勢い良く下流の畑へ供給されていました。



この水路は毛細血管の様に各畑に張り巡らされており、雨の降らない乾季中も土壌を良い状態に保ち、作物を育て、農家さん達を潤しています。
灌漑システムという一つのインフラの効果に感嘆し、どこまでも続く長閑な田園風景にどこか懐かしさを感じた訪問でした(^^)



スポンサーサイト
07:27  |  GOPプロジェクト  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://sharetrade.blog.fc2.com/tb.php/97-8be385ba

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。