スポンサーサイト

--, --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

Herb Afrik

Fri, 09/08/2013

この間ご紹介したこのカンパリのようなお酒にも入ってます。

Aframomum meleguetaという学名です。


1002134_563775520347448_1662412695_n (1)
07:55  |  ガーナの食べ物  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

ケンケ

Mon, 05/08/2013

ガーナの主食の1つケンケ。おそらくもっとも食べにくいものなのではないでしょうか。

こちらの白いトウモロコシで作ったそばがきのようなもので、生唐辛子と玉ねぎのサルサソース的なものにつけて、魚と一緒に食べます。
オクラシチューとも食べるよ、とのこと。



去年ガーナに来た時、今回来たばっかりの時は、炭水化物発酵しているなんて!とバンクーと共にこれが食べれなかったけど、今はすごく好き。すっぱくないと物足りないようになってきました。



きっとおなかが乳酸菌を必要としているのでしょう。

知らなかったのですが、発酵学において、菌というのは他の菌を殺す毒素を持っており、何種類も同居はできないそうです。
乳酸菌が活発なケンケやバンクーのような発酵食品は、他の食中毒菌が育ちにくい。よって人間に、おなかにいいというのが、アフリカの知恵だとか。

なるほど。私のおなかは自然とそういうものを欲しているのだな。





近所にケンケ工場、といっても家族経営の、家の前に大きなかまどを構えて作っている場所があります。

とても人懐っこい一家で、近所の一番最初の友人はこの家の人たちなんじゃないでしょうか。
ほぼ毎日通るのですが、通るたびに元気?と挨拶し、時間があれば他の近所の人たちと一緒に座ってケンケ作りを眺めています。



ここで作られているケンケは「ガ・ケンケ」。

私が住む地域テシは、古くからアクラ地方に住んでいる「ガ」という民族で、漁業で生計を立ててきた人々。
海際の地域は「ガ」の人々が住む地域で、ガーナ人が「アクラ」というとジェームスタウンやテシや、「ガ」の人々の貧しい地域をイメージするようです。
我々日本人が「アクラ」「アクラの人々」というと首都、空港近くのエリア、都会、なんてイメージするけど、それはどうやら違うよう。



黒い見た目の「ファンティ・ケンケ」はもーっと発酵しているのですが、ガ・ケンケはバンクーくらい。少し食べやすいです。









ガ・ケンケの作り方。


1、まずはガーナの白いトウモロコシを樽の中に水と一緒に3日位入れて発酵させます。
屋外に蓋もせずに置きっぱなしなので、正直ハエなどが浮いています・・・。






2、それを粉砕してくれる業者(と言ってもこれも個人宅の隣のほったて小屋)のところに持っていき、何回か機械に通して粘土状にします。ずだ袋のようなものに入れて持って帰ってきます。地べたにぽいと置いてあります。

IMG_1797[1]








3、これに水を加え、大きな鍋で時々かき混ぜながら水分を飛ばし、火を通します。ぽてぽてになるくらい。


IMG_1711[1]








4、それを大きな木枠にうつし、2をもう一度加えてよく混ぜます。


IMG_1786[1] 










5、トウモロコシの皮でくるみ、もう一度茹でます。


IMG_1791[1] 





IMG_1795[1] 





IMG_1713[1] 






IMG_1796[1] 



6、完成!


DSC_0304.jpg







DSC_0305.jpg 








テーマ : アフリカ - ジャンル : 海外情報

21:58  |  ガーナの食べ物  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

37のはしっこでkokonteを喰らう

Fri, 02/08/2013

私はほぼ毎日37というトロトロステーションを利用しています。

37病院というのが近くにあるからその名前らしいのですが、そこから乗りついで色んなところに行きます。



なので、携帯のクレジット屋のお兄ちゃんや布屋のお兄ちゃん、トイレットペーパー屋や文房具屋のマダムとはもはや顔見知り。
いつものように「元気?」から始まり世間話をしていたら、ケンケとバンクーとアプレとココンテとTZの違いは何!?という話になり、37の奥にある食堂で(こんなのあるなんて知らなかった!)全部見せてもらいました。



DSC_01621.jpg
フフついてます。

まずオブロニがここに来たことに、ここにいることに笑いまくるマダム達。
そして写真を撮る私に笑いまくるマダム達。またおいでね!と。はい毎日通ってますよ。





そしてまだ食べたことのないココンテに挑戦。



DSC_0158_201308020208552c4.jpg  
左上の黄色い餅がkokonte。今回はチキンを注文。手羽先です。





オブロニ(白人)がココンテを食べる、というのはガーナ人にとって衝撃的らしく、ココンテ食べてるよ!ココンテ食べたの!?と笑われまくる一日になってしまいました。
家でギフティに言ったら、え、私食べた記憶ないくらい食べてないわ、とのこと。





メイズとキャッサバをバンクーのように=そばがきのように練ったもの、らしいですが、発酵していなくて甘い。
キャッサバって甘いんだな。


DSC_0154.jpg 
同じ店先でキャッサバを切るマダム




フフのような食感、もちもちしていて、まさしくういろうのよう。
グランナッツスープと一緒に食べるのが一般的なようです。少しのオクラシチューと唐辛子をかけて。



日本人にも食べやすい味。これは日本でも浸透しそう!知らなかったのは悔やまれる。


が、しかし!

何を隠そう最近炭水化物が発酵していないと物足りないと思うようなっています、私。

昨日なんかバンクー(発酵したそばがきのようなもの)とシト(海鮮醤のようなもの)だけのごはんで満足してしまった。







DSC_0166.jpg 
こんな板切れベンチの上でみんなに注目されながら手づかみで食べるわけです。写真も撮られちゃうわけです。



テーマ : アフリカ - ジャンル : 海外情報

02:20  |  ガーナの食べ物  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

Achomo

Thu, 01/08/2013

 ガーナ買い食い探検記その4



これなに?と聞いたら「スナック」「チップス」と答えられたけど、「アチョモ」と言って売っている人もいる。

かわいい。あちょも。



achomoで調べるとシナモンと砂糖のついた小麦粉の揚げものが出てくるけど、アクラで売られているのは、だし醤油の味がする塩味。

下に写る袋入りで50ペソワ。


DSC_0131.jpg  








テーマ : アフリカ - ジャンル : 海外情報

07:29  |  ガーナの食べ物  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

蒸留酒

Thu, 01/08/2013

ビールに続きガーナのお酒。蒸留酒。


ガーナブランドの蒸留酒、GINだのブランデーだの、カンパリのような薬草酒などなどあります。
ボトル1本10セディ以下7~8くらいとお買い得。



そのまま飲んだり、コーラやライムシロップ、ソーダで割るのが一般的のようです。

アイスも水も食べ物も、ビニール袋のスミをかみちぎってちゅうちゅう吸って食べるのが好きな彼らは、これらのお酒も50mlくらいの袋に入れて、ショット感覚で売っています。1袋30円くらい。



IMG_1773[1] 
GIHOCというメーカーのもの。GINとイチゴ味のリキュール









IMG_1764[1] 
KASAPREKOというメーカー。ジン、ブランデー、アロモビター










あとは一般ルートで販売されていないお酒たち。

パームワイン
DSC_0125.jpg 



やしの木を傷つけ、そこから出た樹液を発酵させたもの。
ちょっと田舎の道端で売っています。
うちの近くには「パームワイン・ジャンクション」と言う名の交差点があり、パームワインを売っていますが。

自分でペットボトルを持っていったり、使用済みの水のペットボトルに入れてくれたりします。

ただ、それが入っているのがドラム缶だったりして、ハエが浮いていたりして、ざるでハエやごみを濾して入れてくれるのですが、それを見ちゃうとなんかね・・・。飲みますが。甘くって私はあんまり好きじゃない。









そしてパームワインを蒸留したお酒アペテシ。
蒸留方法が悪くて身体に悪い、とインテリ層は言いますが、庶民は身体に悪くないよ。酒は百薬の長的なことを近所のおじちゃんは言います。





結婚式やお葬式、伝統的なお祭りで飲むのはこのお酒。その席では若者もコーラで割ったりするようです。
でもアクラに住む若者(に限らず都会に住む人々)は普段飲みに行って飲んだりは絶対しないようなシロモノ。

なぜかうちの社団の代表は気に入っていて、九州の焼酎メーカーと何かできないか!なんて言っています。
さて、どうなることやら。

誠意調査中。
アペテシはひっそりと個人の家の横で作られているのがほとんどですが、少し大きい規模でやっているなんて話も。


味としてはテキーラみたいなと私は思っています。私には強すぎて飲めません・・・・!




DSC_0086.jpg 




この青いのにパームワインが入っている。
2つのドラム缶&管&炭火で蒸留。原始的!



テーマ : アフリカ - ジャンル : 海外情報

00:27  |  ガーナの食べ物  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)
<<PREV  | ホーム |  NEXT>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。